芝・ダートの馬場状態からレース展開を読む

シェアする

馬場状態を予想に組み込む人は少ないのではないでしょうか?

競走馬は地を蹴ることで前に前にと進みます。しかし、雨などで荒れた地面の場合、しっかり踏み込んでも、走るための方向に正しく力が入りません。 馬によっては、足が濡れる、滑る、といったアクシデントを嫌いレース直前に冷静さをなくす場合もあります。 つまり、馬場が荒れると実力通りの順当の結果になりにくくなるので、 挑戦するときはこういった条件に強い馬なのかどうか知っておくことは大切です。

馬場状態の分類

馬場状態を表す単位は4つあります。

  • 良馬場 (読み:りょうばば)
  • 稍重馬場 (読み:ややおもばば)
  • 重馬場 (読み:おもばば)
  • 不良馬場 (読み:ふりょうばば)

「良」を基本状態として含水率の上昇に伴い「稍重」「重」「不良」と変化してゆきます。 コースの含水量は、競馬主催者がレース前に馬場を実際に歩いて計測し判定します。

馬場状態が「良」や「稍重」のとき

含水量が少ない馬場のことを指します。 芝コースの場合はスピードが出やすい馬場です。 ダートコースの場合はパサパサの乾燥した状態になり、重くて走りにくいのでスピードがでにくくなります。砂浜を素足で走るような感覚ですね。

まこ
地面がダートの場合と芝の場合で考え方が変わってくるんだね。
あんこ
ええ、特に大きく勝負に出るときは荒れた結果にならないか調べるためにみておいたほうがいいわ。

馬場状態が「重」や「不良」のとき

含水量が多い馬場の事をさします。「馬場が悪い」と呼ばれることがあります。 芝コースの場合はスピードが出にくい馬場です。 ダートコースでは水が浮き出てきて、水たまり状態になっています。走りにくいというイメージがあるかもしれませんが、 実はスピードが出やすい馬場です。

まこ
スピードが出にくいと、予想にどんな影響が出るんだろう。
あんこ
足で踏ん張る力のある馬が有利になるわ。つまり最高スピードを競う実力勝負じゃなくなるから、荒れた結果になる可能性が高くなるのよ。
まこ
なるほど!

無料で全レース予想配信中!

シェアする

フォローする